ブログ

農林事業工事@埼玉県

河川より農業用水を引き込むための
水路にU字溝を敷設。
一部道路を横断するため、
道路下部にボックスカルバートを敷設し、
道路を復旧した。

既存の水路下部の地盤。片手で簡単にピンポールが刺さる。

1m程掘削したところ、地盤は完全にヘドロ化していて、特に中央部付近より湧き水が発生。作業員の足場を確保するため、土のうを飛び石状に一段敷設(中央部ではピンポールが自重だけで沈んでしまう)。

透水性のある土木シートを敷設。

土のうの無い所では歩行困難な様子が分かる。

大型ソイルバッグの設置状況(1)

大型ソイルバッグの設置状況(2)

敷設後はランマーで転圧。

完了時。作業はおよそ40分程度。設置直後より5時間ほど継続的に沈下測定を実施。1mmの沈下も見られなかった(4日後の測定では2mm程度沈下していた)。

沈下がほとんど見られないため、同日午後にベース用コンクリート打設(150mm無筋)。

ボックスカルバート敷設(大型土のう設置から4日後)。

ボックスカルバート敷設(大型土のう設置から4日後)。

 

▲こんな軟弱地盤でも

 

関連記事

注目動画

執筆紹介

最新著書

最新の土の構成式から、自然にやさしい地盤の補強法=「土のう」の再評価まで。

著書の一覧

最新論文

現代版土のう工法としてのD・BOX工法と その局所圧密効果および振動低減効果
ジオシンセティックス論文集投稿 2010年12月4日

論文の一覧

ページ上部へ戻る