ブログ

仮設道路の建設@福島県白河

福島県白河の南湖公園にある浮島。ここの改修工事のための仮設道路建設に、D・BOXが活躍しています。

湖の中に浮島があり、この周囲に杭を打って浮島を保護するための工事が計画されました。陸地より100メートルほど離れています。

湖の中に道路を建設しなければならず、また国定公園のためセメント等の固化材の使用が不可という状況。当初トンパックによる補強が試みまれましたが、30分ほどで水没するほど沈下してしまったそうです。

そこで、手前の水深の深い部分にD・BOX-LS150を2段敷設(最初の30メートル)し、島側の70メートル部分には、同じくLS150を1段敷設して施工しました。中詰材はすべてC40-0を使用しています。

敷設したD・BOXを重機で加圧。超軟弱な地盤でしたが、表層部のピート層は比較的排水が早く、今回、短期間で強度が出せた要因だったと思われます。

D・BOXを敷設した後、重機で加圧。その上部に透水性のある土木用補強シートを設置しています。

地盤が超軟弱なため、D・BOX同士の隙間から将来ヘドロが隆起することが予想されました。この場合敷鉄板の上面部にヘドロが上がると、重機がスリップして事故になる恐れがあったため、ヘドロ隆起を押さえるためにシートを設置しています。

最後に敷鉄板を設置し、完成しました。

道路は3メートル×100メートル程度で、施工は2日で完了しました。

翌日より10トン車両(満載時約20トン)を通し、約3ヶ月の工事は無事に終了。撤去も簡易でした。

 

関連記事

注目動画

執筆紹介

最新著書

最新の土の構成式から、自然にやさしい地盤の補強法=「土のう」の再評価まで。

著書の一覧

最新論文

現代版土のう工法としてのD・BOX工法と その局所圧密効果および振動低減効果
ジオシンセティックス論文集投稿 2010年12月4日

論文の一覧

ページ上部へ戻る